Studio A.D.S.

おススメのマンガや好きなバンド、美味しいものから役立ちそうなことまで発信していきます。

【web漫画日和/ジャンプ+編】『悪魔のメムメムちゃん』を読む

今日はいつの時代も我々の味方である、えっちな悪魔「サキュバス」を扱った作品を紹介します。

 

悪魔のメムメムちゃん 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

『悪魔のメムメムちゃん』一巻書影

現在、集英社webコミックサイト・ジャンプ+で連載中の作品で、著者は四谷啓太郎氏。 昨年2016年7月の、連載一回目から隔週火曜日更新されており、現在連載14回を数えます。 この『悪魔のメムメムちゃん』、ジャンプ+のホームページによると……

ヤレない・エロくない・がんばらない。

稀代のポンコツ淫魔・メムメムちゃんが

魂求めて奮闘するちょいエロコメディー!!

と、紹介されております。 えっちな悪魔と言ったな?あれはウソだ。

 

 

■『悪魔のメムメムちゃん』とは

 元はジャンプルーキー内の読みきりでしたが、 好評のため連載を勝ち取った作品。 (そのため、ジャンプ+には第0話から掲載されている) 内容はあらすじにもあるように、シンプルで分かりやすい「ちょいエロコメディー」です。

仕事で人間の魂を奪うために人間界に来た悪魔・メムメムちゃんが、 アパートに一人暮らしをする学生・小日向日太を相手に、何とか魂を奪おうとするのですが、 結局は上手くいかないドタバタ劇。

この、メムメムちゃんのダメさとクズ加減が、妙な笑いのツボを突いて来るんです。 作品に流れるゆるい空気の中で光る、緩急が付いたギャグは著者のセンスをありありと感じさせます。

■“メムメムちゃんは”エロくないが……??

 安心してください。ちゃんと「微エロ要素」も完備しています。 ガチサキュバスであるメムメムちゃんの上司(エロい)や、主人公の住むアパートのムッチムチな大家さん(くそえろい)などがそう。この二人は実際にコミックを読んで確認してみて欲しい所。因みに、大家さんは番外編2では喪服姿を晒してらっしゃいます。これがまた最高にケシカランのです(しかも経産婦なのが最高

メムメムちゃんがカケラもえっちくないので(エロスを感じる方もいらっしゃるのかも知れませんが)前述の二人は余計にえっちに見えてしまうんです。きっと、四谷氏が仕掛けた巧妙な錯覚のトリックに違いないな、と。

 

現在、単行本既刊が1巻。 また、2017年3月3日[金]には最新2巻が発売予定。

えっちなサキュバスしか知らない諸兄にこそ、読んで貰いたい作品です。

 

駄犬

 

悪魔のメムメムちゃん 2 (ジャンプコミックス)

悪魔のメムメムちゃん 2 (ジャンプコミックス)