読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Studio A.D.S.

おススメのマンガや好きなバンド、美味しいものから役立ちそうなことまで発信していきます。

「かわいいフリー素材集 いらすとや」の個人的に好きなこれいつ使うねん素材ランキングベスト5

こんにちは、小鍛治アスカです。

 

さて、皆様は『いらすとや』というサイトをご存知でしょうか?

正式名称『かわいいフリー素材集 いらすとや』と言う、フリー素材を配布しているサイト。種類も豊富で数も多く、また、一部加工等も許可されています。

サイトを知らなくてもイラストを見ると「あ、これアフィブログやランディングページで見たことある!」と思う人もいるかもしれません。

 

そんな、汎用性に富む『いらすとや』なんですが、種類が豊富すぎて「これ、いつ使うねん!!」という素材が多く存在し、加工も可能なため、最近ではTwitterなどで大喜利に使われることも少なくありません。

例)#細かすぎて伝わらない夢小説物真似グランプリ

 

さて、本日はそんな素敵な『いらすとや』の個人的に好きな素材をランキング形式で紹介していきたいと思います。

 

第5位 会社のキャラクター(ゾンビ)

f:id:studioads75:20170305173502p:plain

カテゴリ:キャラクター

解説:実質的に経営破綻をしているにもかかわらず政府の補助金などにより延命させられているゾンビ企業のキャラクターです。

 

 

辛いわ。

 

 

 

いや、他にも王様とか死にそうとか死亡した会社のキャラクターもあるんですけど、このゾンビだけ事情が重すぎる。

実質経営破たんしていて、もう正直倒産した方がいいんじゃないかと思ってるけど、潰れると困るから補助金助成金つぎ込まれてなんとかしろと活動を続けさせられているわけですね。

 辛い。

 

第4位 スマートフォンをマウスで操作する人(有線)

f:id:studioads75:20170305163151p:plain

 

カテゴリ:リクエストにありました。

例えばスマートフォンを紹介するときに、『スマートフォンはマウスで操作できません』という注意を促すときに使えるとは思うんですよね。だけど、いちいち加工してバツを加えるくらいなら、最初からバツ印までリクエストしても良いと思うんですよね。

そこまで詳細なリクエスト出来ないのかもしれませんが。

 

因みにこのイラスト単体だと少し弱いんですが、シリーズとなっていてまずスマートフォンをマウスで操作する人(有線・無線)が用意されていて、更にスマートフォンをキーボードで操作する人シリーズまで派生があるのが素晴らしい点だと評価したいです。

 

いや、それにしたってスマーフォンをマウス(有線)で操作する人の絵面が酷すぎる。

 

第3位 ソースに二度漬けされた串カツのイラスト

f:id:studioads75:20170305164733p:plain

 

これは、リクエストではなくカテゴリ:違反にある素材でした。

因みにこれとは別に二度漬け注意の素材があります。

更に、串カツをソースに二度漬けする人という素材もあります。

 

つまり、これは何故かわからないけど、二度漬けされてしまった食べかけの串カツを表しているのであり、もう存在意義がわからなさすぎるのが大好きです。

 

第2位 エアガンで猿と戦う主婦のイラスト

f:id:studioads75:20170305171844p:plain

 

カテゴリ:戦争にありました。

なぜ猿と戦っているのか。なぜエアガンなのか。そして、なぜ主婦なのか。

何もわかりません。

 

何もわかりませんが、たぶん右の膝をついている少し白髪交じりの奥様はきっとベテラン凄腕スナイパーなのはなんとなくわかります。

途中までめっちゃ無双するんだけど、最終決戦かその少し前くらいに真ん中の奥様を守るために体を張って死んじゃうタイプ。

 

第1位 AIに支配される人達のイラスト

f:id:studioads75:20170305161507p:plain

 

カテゴリ:人工知能に存在するイラスト素材です。

因みにダウンロードしたときのファイル名は「ai_pet_family」でした。

 

個人的には、このイラストから奴隷をイメージしたのかなと思いダウンロードした時のファイル名「ai_pet_family」という容赦の無さがかなりポイント高いです。

ファイル名を見てからイラストを見ると、「言われてみれば確かに家族だ」と気づくことが出来、このイラストの裏に広がる無限のドラマを想像してしまい、涙すること間違いないでしょう。

 

いや、そんなことより、この素材いつ使うん?

 

ということで、色々な素材を紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。

 

正直、素材の数が多すぎて途中で心が折れそうでした。

まだ、すべてをみれてないので、他にも逸材が潜んでるかもしれませんね。

是非サイトで面白画像を探していただければと思います。

それではまた。

 

www.irasutoya.com